本文へ移動

はつらつバレーボール

優勝 就将少女バレースポーツ少年団

 
第35回はつらつバレーボール秋季リーグ戦の最終日が12月1日米子市下新印の箕蚊屋体育館で総合順位決定戦を行い、就将少女バレースポーツ少年団が優勝を飾った。予選リーグを勝ち上がった6チームが優勝決定戦を行い、下位チームは交流戦を行った。秋季リーグ戦は10月13日に開幕し、小学校区ごとに編成した12チームが11月17日まで予選リーグを戦った。3ヶ月に渡るリーグ戦が幕を閉じた。
 

順位決定戦・交流戦 結果

試合日程

第35回はつらつバレーボール大会秋季リーグ戦の予選リーグ最終日は17日米子市下新印の箕蚊屋体育館でA、B両ブロックの残り14試合を行い予選順位が決まった。決勝進出はAブロックが就将、淀江男子、成実の3チーム、Bブロックは福生東、中浜、淀江女子の3チーム。12月1日(土)に同体育館で決勝戦と予選リーグ敗退チームの交流戦がある。

星取表

Aブロック

Bブロック

第2節、第3節 結果

11月10日(土) 第2節結果

11月17日(土) 第3節結果

第3節 プレー写真

第2節 プレー写真

第35回はつらつバレーボール 開幕戦結果

(2018-10-13 ・ 17KB)

注目

開幕戦 プレー写真

第35回はつらつバレーボール 秋季リーグ戦 開幕

第35回はつらつバレーボール秋季リーグ戦が13日、鳥取県西部の小学校区ごとに編成した小学生12チームが参加して米子市下新印の箕蚊屋体育館で開幕した。初日はAブロックの就将とBブロックの福生東が3戦全勝で好スタートを切った。
開会式では、成実少女バレーボールクラブの中野真緒選手が力強く選手宣誓し、12月までの3ヶ月間のリーグ戦が始まった。

はつらつバレーボール 6月2日 結果

6月2日 結果

6月2日 結果

スライドショー

優勝伯仙男子 準優勝就将 第3位住吉男子

まるごう杯はつらつバレーボール大会第34回春季リーグ戦 閉幕

 まるごう杯はつらつバレーボール大会第34回春季リーグ戦(はつらつバレーボール運営委員会、山陰中央新報社主催、まるごう共催、大塚グループ協賛、米子市バレーボール協会後援)の最終日は2日、米子市下新印の箕蚊屋体育館であり、決勝で初出場の伯仙男子が接戦の末、前回準優勝の就将を下して初優勝を飾った。
 総合順位決定戦は、予選リーグA、B両ブロックの上位4チームずつ計8チームが出場してトーナメント戦で競い合った。予選敗退チームの交流戦もあった。
 春季リーグは4月7日に開幕。予選リーグは2ブロックに分かれ、5月19日まで総当たりで熱戦を展開。県西部の小学校単位で編成する14チームが出場した。

まるごう杯はつらつバレーボール大会第34回春季リーグ 試合結果

Aブロック

Bブロック

まるごう杯はつらつバレーボール大会 第34回春季リーグ戦開幕!

 まるごう杯はつらつバレーボール大会第34回春季リーグ戦(はつらつバレーボール運営委員会、山陰中央新報社主催、まるごう共催、大塚グループ協賛、米子市バレーボール協会後援)は7日米子市東山町のどらドラパーク米子市民体育館で開幕した。初日は予選リーグの15試合を行い、Aブロックの就将、伯仙男子、Bブロックの住吉男子が全勝で好スタートを切った。
 大会には県西部の小学生14チームが出場。2ブロックに分かれ、総当たりの予選リーグを5月19日まで行う。6月2日のトーナメント戦で総合順位を争う。
 開会式でJV☆MIHOの浜田あおい主将が「監督、コーチ、保護者の方々に感謝し、最後までボールをつなぎ全力でプレーすることを誓います」と選手宣誓した。
 
試読のお申込みをされた方へ、オリジナルボールペンをプレゼント中!
 
※ただし、中央新報サービス
 各営業所の配達エリアに限る。
 
(株)中央新報サービス
〒690-0887
島根県松江市殿町383番地
山陰中央ビル4階
TEL.0852-67-3311
FAX.0852-67-3322
────────────────────
1.■業務内容1■新聞の販売営業
2.■業務内容2■折込チラシ配布
3.■業務内容3■広告代理店業務
────────────────────
TOPへ戻る